粉雪の日に

雪国生まれのユキがつづる、美容・コスメ・ダイエットなどの記録

クラウドソーシングでのモヤモヤについて

こんにちは、夏バテで心身ともに弱っているユキです。

クラウドソーシングでライターを8か月してみて、

さまざまなクライアントから仕事を受けてきました。

 

 多くのクライアントとやり取りをしていると、

「外注を使うことに慣れてるなー」とか

「指示が明確だなー」とか

「ビジネスマナーがなってない・・・」とか

「条件を後出しするって契約違反じゃない?」とか

「私に何をしてほしいの?」とか

「そこまで求めてこれだけしか報酬出せないの?」とか

いろいろ思うわけです。

 

対応に疑問を覚えるクライアントも、たくさんいます。

友だちじゃないんだから、契約関係が成り立っているんだから、

ビジネスの関係を保ってほしいと思うわけです。

 

クラウドソーシングは、在宅でできること、

そして煩わしい人間関係に悩まなくて済むことが大きな魅力です。

しかし、最近いろんなトラブルに遭ったりいやな思いをすることが増えてきて、

心身ともに疲れてきました。

 

しかし、生活のために稼がなくてはいけない。

ジレンマに悩む、今日この頃。