粉雪の日に

雪国生まれのユキがつづる、美容・コスメ・ダイエットなどの記録

【潜入取材】アークアカデミーヒルズライブラリーの無料見学会に行ってみた!

f:id:yurara77:20180826225839j:plain

[2018年9月20日追記]

アカデミーヒルズ運営事務局の指摘を受け、館内の写真を削除しました。

 

こんにちは、ユキです。

 

以前、六本木ヒルズライブラリーの無料見学会に行き、その雰囲気に魅了された私。

今回は、その姉妹店の、アーク森ビルにあるアークヒルズライブラリーの無料見学会に行ってきました!

 

侍エンジニア塾

 

 

 

アカデミーヒルズとは?

f:id:yurara77:20180807235634j:plain

六本木アカデミーヒルズライブラリーとは、アカデミーヒルズの会員制ライブラリーです。

六本木アカデミーヒルズライブラリーの潜入取材の前に、アカデミーヒルズ(academyhills)とは何なのか、見てみましょう。

 

ミッション

不動産ディベロッパーとして、森ビル㈱は1)安全・安心、2)環境・緑、3)文化・芸術の3点を都市づくりにおいて重視しています。

 

上記3つのうち「文化・芸術」は、真の人間の豊かさや、対話や、次の時代へのヴィジョンを生み出すための要素となります。

 

六本木ヒルズは「文化都心」をコンセプトに掲げ、世界中の人々が訪れる場所になることを目指して2003年に誕生しました。メインタワーの最上層に、美術館、展望台、会員制クラブ、教育施設(アカデミーヒルズ)からなる森ビルの複合文化施設を配したことがこの街の大きなメッセージになっています。

 

「文化・芸術」は心の糧であり、都市の地場、磁力となるものです。今後の日本経済をリードする知識情報産業の原動力は、ひとりひとりのクリエイティビティです。気づき、ひらめき、交流、協働、新結合…、クリエイティブな創造活動には、気軽に一流の文化や芸術に接することができる「環境」や、異なる価値観や背景を持つ人々が交流し、協働する「場」と「機会」が必要です。

 

六本木ヒルズの「文化都心」のシンボルとして、アカデミーヒルズはビジネスパーソンのための知的活動の場を提供してまいります。

 

さらに、六本木ヒルズでの経験をさらに虎ノ門ヒルズやアークヒルズなどの他の都市にも広げていきます。

アカデミーヒルズ公式HPより引用

 

ヒストリー

アカデミーヒルズの歴史は1988年の「アーク都市塾」開講のときまで遡ります。森ビルが最初に取り組んだ文化事業は教育でした。 森ビルは、1986年に民間による日本初の大規模再開発事業として注目を集めた「アークヒルズ」を開業し、そこに社会人向け教育施設(スクール)を置いたのです。

 

自社で展開する文化事業を教育施設とした背景には、森ビルの創業者である森泰吉郎が大学教員をしていたことと関連があります。 大学卒業後の学びの場があまり無かった当時、アーク都市塾は社会人を対象とした半年間の夜学コースをアーク森ビルの地下4階で展開しました。都市計画、ファッション、ニューメディア、テクノロジー等のコースを立ち上げました。

 

1996年には、「アカデミーヒルズ」という名称に変更し、場所もアーク森ビル36Fに移転して新しいインターネットやビジネス・経営といった新コースを立ち上げ、都市塾を拡大させました。

 

「経済活動を支えるだけでなく、文化的な魅力や豊かな環境を備えた都市をつくるにはどうしたらいいのだろうか」という模索から挑戦したアークヒルズはオフィス、住宅、音楽ホール、ホテル、レストラン、店舗、会員制クラブ、社会人教育などを組み合わせた超高層のコンパクトシティであり、経済活動と文化活動の両立を目指したものです。一流の音楽ホールや教育&交流施設があることによって、働く場だけの街とは違った人々がここに集まるようになり、街に潤いや活力、魅力をもたらしました。

 

アークヒルズでの模索が、六本木ヒルズの「文化都心」というコンセプトに発展しました。2003年の六本木ヒルズ開業に伴い、アカデミーヒルズは場所を六本木ヒルズ森タワー49階に移転し、スクール機能に加えて新たに会員制ライブラリーとカンファレンス施設をオープンしました。(アーク都市塾は2007年3月に終了)

 

現在スクールは、ビジネスパーソンを対象に単発と長期のプログラムを提供し、年間に約100講座を実施し、延べ10,000人の方にご参加頂いています。 会員制ライブラリーは六本木ライブラリーの会員が約3,000名の規模になり、カンファレンス施設の六本木フォーラムは年間1,000件を実施し、来場者数85,000人の規模となり、あらゆる方々にお越しいただいています。

アカデミーヒルズ公式HPより引用

 

 

アークアカデミーヒルズライブラリーの無料見学会を予約

f:id:yurara77:20180826225653p:plain

アカデミーヒルズ公式HPより引用)

注意していただきたいのは、アークヒルズライブラリーの無料見学会は予約必須だということ!

六本木ヒルズライブラリーは予約しなくてもいいんですけどね。

f:id:yurara77:20180826225734p:plain

アカデミーヒルズ公式HPより引用)

アークヒルズライブラリー公式HPに「無料見学会ツアー」の日程が書かれているので、希望日時をタップ!

氏名、住所などの必要事項を入力し、送信すると、メールアドレスに確認メールが届きます。

f:id:yurara77:20180826225805p:plain

アークヒルズライブラリーの無料見学会のチケットは、Peatixというアプリがチケット替わりになります。

アプリをダウンロードし、当日に備えます。

わざわざアプリをダウンロードしないといけないなんて、面倒だなと思ったのは、ここだけの話。

 

アークアカデミーヒルズライブラリーの雰囲気は?

f:id:yurara77:20180826225839j:plain

アークヒルズライブラリーは、赤坂にあるアーク森ビルの37階にあります。

f:id:yurara77:20180826225852j:plain

 

f:id:yurara77:20180826225904j:plain

アーク森ビルの1階の受付で入館証を発行してもらい、高層階用エレベーターで37階へ。

私が訪れたのは土曜日の昼間だったのでビル内の人はまばらでした。

f:id:yurara77:20180826225915j:plain

アークヒルズライブラリーで「無料見学会に来たユキです!」と告げると、受付スタッフに資料とアンケートを手渡されました。

・・・Peatixのデジタルチケットを提示しなくてもいいのか笑

 

 

アークアカデミーヒルズライブラリー無料見学会の参加者はどんな人たち?

11時半になり、続々と人が集まってきます。

人数は20人ほど、年齢層は40~50代の男性がボリュームゾーンですが、私のような30代女性もいました!

デキるビジネスマンの雰囲気を醸す人は一人もおらず、私のように冷やかし(?)で来た感じの人が多くて浮かずに済みました!

六本木アカデミーヒルズの見学会では、会議室に集められて、パワーポイントを使って施設概要の説明を受けました。

しかし、アークヒルズライブラリーには会議室がなく、ロビーで立ちっぱなしで説明を受けました。

・・・・・慌ただしいし、他の利用者さんに迷惑だよなぁ。

もっと無料見学会の運用について考え直した方がいいのでは?と思いました。

 

アークアカデミーヒルズライブラリーの概要

見学会を担当するのは、スタッフの伊藤さん。

背が高く、目肌立ちがハッキリしている、お人形さんのような、美人のお姉さんです。

 

アークヒルズライブラリーは、今年(2018年)、5周年を迎えました。

組織の時代」から「個の時代」へ。

自由な個人がネットワークを広げ、情報を交換し、イノベーションを生む場として機能することを目的して作られました。

 

施設

アークヒルズライブラリーには、大きく分けて3つのスペースを用意しています。

 

1.シェアラウンジ

 

(写真がありました)

 

アークヒルズライブラリーの一番手前のスペースです。

 

(写真がありました)

 

自動販売機があり、のんびりと飲食をしたり、打ち合わせをする場合に使います。

お菓子売り場がありました!

 

(写真がありました)

 

複合機がありました!

 

(写真がありました)

 

隅には、1か月4,000円の月極ロッカーがありました。

 

(写真がありました)

 

手前には、本棚と掲示板があります。

 

(写真がありました)

 

掲示板には、イベントのお知らせのポスターが貼られていました。

イベントは、アークヒルズライブラリー会員なら無料で参加できます。

 

2.メンバーズカフェ

六本木方面や東京湾を一望できる、カフェです。

飲食や会話を自由にできますが、私が滞在している間はとても静かでした。

 

3.ワークスペース

仕事や勉強に集中して取り組める、静かなスペースです。

図書館の自習室のように、一つ一つのスペースが独立しています。

ハーマミラー社の高級椅子を使用しており、背もたれやひじ掛けの高さを調整できます。

パソコンや電卓は使用できますが、タイプ音には配慮する必要があります。

 

書籍

2018年8月現在、アークヒルズライブラリーには、2000冊の書籍が所蔵されています。

六本木ヒルズライブラリーの蔵書が1万2000冊なので、その1/6。

蔵書数は、六本木に大きく負けてしまいます。

 

(写真がありました)

 

ジャンルはビジネス書が中心で、英語の書籍もありました。

 

(写真がありました)

 

1か月100冊ほど入荷し、まずはシェアラウンジの本棚に並べられます。

 

(写真がありました)

 

そして一定の期間が過ぎると、メンバーズカフェ内の本棚にジャンルごとに並べられます。

これらの書籍は、外に持ち出しすることはできず、ライブラリー会員は10%OFFで購入することができます。

 

アークアカデミーヒルズライブラリーと六本木アカデミーヒルズライブラリーの違い

f:id:yurara77:20180826230401j:plain

パンフレットに、六本木ヒルズライブラリーとアークヒルズライブラリーの違いが書かれていました。

月会費は変わらないのに、席数、月極ロッカー数ともに六本木アカデミーヒルズライブラリーに負けます。

アークヒルズライブラリーには、会議室がありません。

床面積も、六本木アカデミーヒルズの1/4くらいしかありません。

アークヒルズライブラリーのほうが優れているといえるのは、スキャンできること、ゲストをいつでも呼べること、くらいでしょうか。

同じ料金を支払うのなら、六本木アカデミーヒルズライブラリーのほうが良いといえます。

 

アークアカデミーヒルズライブラリーのよくある質問について

無料見学会の終わりに質問タイムがありました。

 

アークヒルズライブラリーに入会したら六本木ヒルズライブラリーも自由に使えますか?

自由にはお使いいただけません。

平日に限り1日500円でご利用いただけます。

 

アークヒルズライブラリーに加入した後に六本木ヒルズライブラリーに移行できますか?

手数料2,000円で移行いただけます。

 

一番混雑するのはいつですか?

時間で言うと、14時から18時が一番混み合います。

特段の曜日が混み合うということはありません。

普段はそこまで混み合うことはありませんが、大型連休中は混み合う傾向にあります。

 

アークヒルズライブラリーと六本木ヒルズライブラリーの会員数を教えてください

アークヒルズライブラリーは2000人、六本木ヒルズライブラリーは6000人ほどです。

 

入会審査にはどのくらいの時間を要しますか?

通常は1~2分ほどで終了します。

お時間を要する場合は、別途その旨を記載したメールをお送りします。

 

アークアカデミーヒルズライブラリーのまとめ

f:id:yurara77:20180826230241j:plain

設備やサービスの違い、そして会費が同じだということを考慮すると、六本木ヒルズライブラリーに入会した方が得だなぁ・・・と思いました。

 

しかし、アークヒルズライブラリーにも良い点があります。

それは、「落ち着いて仕事や勉強ができる」ことです。

六本木ヒルズライブラリーは、多くの人が出入りしますし、イベントが頻繁に開催されています。

刺激を受けられて良いですが、騒がしいです。

ギラギラ、ザワザワした環境を好まず、静かな環境で落ち着いた時間を過ごしたい方は、アークヒルズライブラリーのほうが良いです。

 

次はYahoo!のLODGEに潜入取材に行きます!

 

侍エンジニア塾

 

↓姉妹店の六本木ヒルズライブラリーの見学記はコチラ

www.snow0-0wnos.com

↓アメリカ発祥のコワーキングスペース・WeWorkの体験記はコチラ

www.snow0-0wnos.com

www.snow0-0wnos.com

www.snow0-0wnos.com