【ネットから離れよう】六本木の有料本屋・文喫はアリ?ナシ?ネット中毒者が潜入してみた

文喫六本木行ってみた

ユキ

こんにちは、@ユキです。

今回ご紹介するのは、文喫です。

文喫

文喫とは?

文喫とは、「本と出会う本屋」をコンセプトにした、有料の本屋さんです。

普通の本屋さんには原則として机や椅子はなく、のんびりと本を選ぶことが困難です。
公立図書館にはなかなか最新の本は置いてないし(あったとしても予約待ち)・・・。
Amazonなどのネットストアでは、お目当ての本を素早く見つけることはできても、想像し得ない本との巡り合いは望めません。

そこで2018年12月に六本木で誕生したのが、文喫。
入場料1,500円(税抜)を支払えば、3万冊の蔵書と約90の閲覧席を有する店内で本を読み放題です。

ユキ

有料の本屋さんってどういうこと?1,500円って高くない?

文喫の評判を口コミで調べてみた

 

View this post on Instagram

 

📚 そういえば、この間の仕事終わりに TVで見て気になってた#文喫 に行ってきました! . . 平日夜だったので人も少なく空いていたし、 静かで席も沢山あって 落ち着いた素敵な空間でした✨ . 本は思ったより少ない印象でしたが、 色んなジャンルがあるので 本好きな方にはたまらないんだろうな😊 . ちなみに、電源が使える机もたくさんあり、 WiFiも無料で使えるので 読書はもちろん、PC作業にもおすすめです💡 コーヒーと煎茶は無料で頂けますよ☕️❤️ . . 私は、晩御飯に看板メニューの 牛ほほ肉のハヤシライスを食べてから、 閉店近くまでノートで自分会議して帰りました💕 . . #bunkitsu #roppongi #文喫 #文喫六本木 #六本木 #六本木カフェ #仕事終わり #自分時間 #ノート生活

Aさん(@yu_163811)がシェアした投稿 –


休日の文喫は大混雑。
しかし、平日は空いてることが多いんだそう。


「文化を喫する」
これが文喫の名前の由来です。
六本木という最先端の場所で文化を愉しむのは、粋ですね。

 

View this post on Instagram

 

Bonjou😍 今日も素敵な笑顔で😄ね 1週間、本を読む時間がなかったので今日は夕方まで じっくり本を読む日📚 📚六本木の「文喫」入場料1,500本屋📚 コーヒー☕️・煎茶🍵おかわり自由 食事🍛、デザートは🍮有料💴 wifi,電源,ロッカーあり Wifi有り難い❗️ 静かなので居心地がいいな😍 勉強❗️勉強❗️ 😘Bonne journée ! 良い1日を💕 😘今日も素敵な言霊を💝 💝魂磨きのお手伝いをいたします🌍 😍原画レンタルアート月額3,000円〜 😇メアリーアートを飾ってみませんか❣️ 原画レンタルアート🖼お問い合わせDMまたはWEB↓ https://www.mary-cadogaki.com #本屋 #文喫 #六本木 #言霊 #開運 #原画レンタルアート #魂磨き #自己啓発 #魂磨きコンサルタント #angel #Soulshineconsultant #メアリー #神様 #光の天使

株式会社メアリー・カドガキさん(@mary.cadogaki)がシェアした投稿 –


普通のカフェに行くと、スマホやパソコンをいじってしまいがち。
しかし文喫に来ると、1,500円(税抜)という決して安くはない入場料を支払っているという意識が働くおかげか、それとも本を読んでいる人が多いせいか、自然と読書に没頭できます。

 

View this post on Instagram

 

Bonjou😍 今日も素敵な笑顔で😄ね 一息ついて「牛ほほ肉ハヤシライス」を食べてみました。美味しいです🍛 📚六本木の「文喫」入場料1,500本屋📚 コーヒー☕️・煎茶🍵おかわり自由 食事🍛、デザートは🍮有料💴 wifi,電源,ロッカーあり Wifi有り難い❗️ 静かなので居心地がいいな😍 勉強❗️勉強❗️ 😘Bonne journée ! 良い1日を💕 😘今日も素敵な言霊を💝 💝魂磨きのお手伝いをいたします🌍 😍原画レンタルアート月額3,000円〜 😇メアリーアートを飾ってみませんか❣️ 原画レンタルアート🖼お問い合わせDMまたはWEB↓ https://www.mary-cadogaki.com #本屋 #文喫 #六本木 #言霊 #開運 #原画レンタルアート #魂磨き #自己啓発 #魂磨きコンサルタント #angel #Soulshineconsultant #メアリー #神様 #光の天使

株式会社メアリー・カドガキさん(@mary.cadogaki)がシェアした投稿 –

 

View this post on Instagram

 

#文喫 #文喫六本木

okusamahakaj1さん(@okusamaathibernia)がシェアした投稿 –


文喫のイートコーナーでは、食事を楽しむことができます。
ハヤシライスやプリンなど、どこか懐かしいメニューが多くて楽しくなります。

オープン前からメディアを賑わせていた文喫。
ネットの口コミを見ていると評判は良さそうなので、私も訪れてみることにしました。

文喫に行ってみた

2019年3月下旬の平日朝。
文喫に行きました。

文喫ってどこにあるの?

文喫六本木行ってみた

文喫六本木行ってみた

文喫は、東京メトロ・都営大江戸線六本木駅から徒歩1分の距離にあります。
地上に出て六本木ヒルズ方面にテクテク歩くと・・・。

 

文喫六本木行ってみた

文喫が見えてきます。
青山ブックセンター跡地です。

 

文喫六本木行ってみた

「文喫」のフォントがレトロでいいですね!

 

文喫六本木行ってみた

私が訪れたのは開店前。
扉の正面に仁王立ちし、9時の開店と同時に入場(迷惑

 

文喫六本木行ってみた

右手にある受付で入場料(1,500円+税)を支払うと、パッチがもらえます。
私は一番乗りだったので、1番です(ドヤァ

文喫の雰囲気

文喫の主なフロア構成は、以下の通りです。

1.選書室(有料エリア)

文喫六本木行ってみた

文喫六本木行ってみた

文喫六本木行ってみた

いわゆる本棚エリアです。
「蔵書数3万冊」というと多い印象を受けます。
実際見てみると、小さな本屋さんレベルの量しか置いていません。
しかし、時代の潮流に乗った本(ビジネスやWEB等)や人の心をつかむ本(歴史や哲学等)、満遍なく選書されています。
印象としては、丸の内の丸善がギュっと凝縮された感じです。

文喫六本木行ってみた

真面目な本ばかりなのかと思えば、ご近所物語のようなマンガがあったりして、どんな趣向の人でも楽しめるようになっています。

2.閲覧室(有料エリア)

文喫六本木行ってみた

文喫六本木行ってみた

吹き抜けに沿って10ほどの閲覧席が並んでいます。
喫茶室にも机と本がありますが、こちらのほうが環境が良く、人気です。
平日の昼間でも常時満席でした。

文喫六本木行ってみた

文喫六本木行ってみた

電源(1個)と電気スタンド(レトロで可愛い)が置いてあり、集中して読書したり作業したりするのに最適です。

3.研究室(有料エリア)

文喫六本木行ってみた

文喫六本木行ってみた

4席の机が2卓置いてあります。
ミーティングに使うのかな?と思っていましたが、カップルで利用している光景を見かけました。

4.喫茶室(有料エリア)

文喫六本木行ってみた

文喫六本木行ってみた
喫茶室にはさまざまなタイプの机や椅子が置いてあります。
食事をしたりパソコンで作業をしたり読書をしたり、思い思いの方法で過ごすことができます。

文喫六本木行ってみた

文喫六本木行ってみた

飲み放題のコーヒーと煎茶はここでもらうことができます。
そのほか、有料ドリンクも充実しています。

5.展示室(無料エリア)
ここは見られなかったので省略。

文喫で読書してみた

文喫六本木行ってみた

文喫六本木行ってみた

ユキ

ブログ書こう!良い本があったら少し読もう!

パソコン作業をする気満々で文喫を訪れた私。
しかし気が付くと、開店の9時から退室する16時まで、時を忘れて読書に耽っていました。

ユキ

1,500円+税も払ったんだからモトとらなきゃ!

こんな思いがあったのは否定できません 笑

しかしそれ以上に、

ユキ

前から気になってた本がまさかここで巡り合えるなんて!

ユキ

あの作家さんの新作、出てたんだ!?

ユキ

この本面白そう!

このように、知的好奇心を満たしてくれることが多かったんです。

ユキ

「本と出会う本屋」ってコンセプト、素晴らしい!

文喫は読書に耽るのに最適!

文喫は、読書に耽るのに最適な本屋さんでした。
閲覧席に座っていた人の9割はパソコンやスマホをいじらずに読書に集中していました。
もちろん、私もです。
普段はネット中毒でスマホかパソコンがないと落ち着かないのに。

ネット中毒のあなた!
文喫で一日過ごしてみませんか?
時を忘れて読書に耽ることができる空間は、珍しいですよ!

文喫