【アクアレーベル化粧水(青)比較】みずみずしいしっとりタイプorコクがあるしっとりタイプ☆乾燥性敏感肌のアラサー女子はどっちを使うべき?

美白化粧水レビューアクアレーベル ホワイトケア ローション口コミレポ

出典:資生堂公式オンラインショップ

ユキ

こんにちは、美容ブロガーの@ユキです。
韓国人のような、透明感のある美白肌を目指しています。

アクアレーベル ホワイトケアローションには、みずみずしいしっとりタイプ(M)とコクがあるしっとりタイプ(RM)の2種類があります。
迷えるアラサー女子のために、成分解析をしたうえであなたがどちらを使うべきかご説明します。

ユキ

結論から先に言うと、コクがあるしっとりタイプ(RM)にすべき!

アクアレーベルホワイトケアローションみずみずしいしっとりタイプ(M)とコクがあるしっとりタイプ(RM)の成分調査

当記事で比較する、アクアレーベル ホワイトケアみずみずしいしっとりタイプ(M)とコクがあるしっとりタイプ(RM)の成分を調べてみました。

アクアレーベルホワイトケアローションみずみずしいしっとりタイプ(M)の成分

有効成分・・・トラネキサム酸
精製水,ジプロピレングリコール,濃グリセリン,エタノール,1,3-ブチレングリコール,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル,カルボキシビニルポリマー,エデト酸二ナトリウム,キサンタンガム,ピロ亜硫酸ナトリウム,D-グルタミン酸,DL-アラニン,リン酸L-アスコルビルマグネシウム,アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,ヒアルロン酸ナトリウム(2),加水分解コンキオリン液,DL-メチオニン,水溶性コラーゲン(F),フェノキシエタノール,パラオキシ安息香酸エステル,香料
※太字:みずみずしいしっとりタイプ(M)のみ含有

アクアレーベルホワイトケアローションコクがあるしっとりタイプ(RM)の成分

有効成分・・・トラネキサム酸
精製水,ジプロピレングリコール,濃グリセリン,ポリエチレングリコール1500,ポリオキシエチレン(17)ポリオキシプロピレン(4)ジメチルエーテル,ジグリセリン,マルチトール液,1,3-ブチレングリコール,ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油,α-オレフィンオリゴマー,カルボキシビニルポリマー,イソステアリルアルコール,イソステアリン酸,ジイソステアリン酸ポリグリセリル,エデト酸二ナトリウム,ヒドロキシエチルセルロース,ポリオキシエチレン(14)ポリオキシプロピレン(7)ジメチルエーテル,ピロ亜硫酸ナトリウム,D-グルタミン酸,DL-アラニン,リン酸L-アスコルビルマグネシウム,アセチル化ヒアルロン酸ナトリウム,ヒアルロン酸ナトリウム(2),加水分解コンキオリン液,DL-メチオニン,水溶性コラーゲン(F),フェノキシエタノール,パラオキシ安息香酸エステル,香料
※太字:コクがあるしっとりタイプ(RM)のみ含有

アクアレーベル ホワイトケアローションみずみずしいしっとりタイプ(M)とコクがあるしっとりタイプ(RM)の成分比較

全成分を見比べてみると、みずみずしいしっとりタイプ(M)にあってコクがあるしっとりタイプ(RM)にはない成分が3種類もあるのに対し、コクがあるしっとりタイプ(RM)にあってみずみずしいしっとりタイプ(M)にはない成分が1種類のみです。
各成分にはどのような効果があるのか、表にしてみました。
(ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテルの効果がよく分かりませんでした・・・。)

成分名(Mのみ含有) 効果
エタノール 収れん
ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル
キサンタンガム 増粘
成分名(RMのみ含有) 効果
ポリエチレングリコール1500 保湿

<ポイント:刺激が強いアルコール配合>
みずみずしいしっとりタイプ(M)のみに、エタノールが含まれていることが気になります。
エタノールは、収れんのほか殺菌にも使われる、清涼感があるアルコールの一種です。
刺激が強いので、特に敏感肌が使うとトラブルになりやすいです。
一方、コクがあるしっとりタイプ(RM)のみに含まれるポリエチレングリコール1500は、保湿効果があります。

ユキ

肌トラブルになりやすい成分は、可能な限り避けたいところだよね。

アラサー女子が選ぶべきはアクアレーベルホワイトケアローションコクがあるしっとりタイプ(RM)!

上記ポイントから、季節の変わり目やストレスで肌の調子が安定しないアラサー女子は、コクがあるしっとりタイプ(RM)にすべきだといえます。