気になるカテゴリから記事を探す 

肌ラボ白潤の薬用美白化粧水ノーマルタイプVSしっとりタイプ☆敏感肌の30代女子はどっちを使うべきか語る

美白化粧水レビュー肌ラボ白潤薬用美白化粧水エイジング効果保湿効果アラサー女子口コミレポ医薬部外品

出典:肌ラボ公式HP

ユキ

こんにちは、美容ブロガーの@ユキです。
韓国人のような、透明感のある美白肌を目指しています。

肌ラボ 白潤 薬用美白化粧水には、ノーマルタイプとしっとりタイプの2種類があります。
迷えるアラサー女子のために、成分解析をしたうえであなたがどちらを使うべきかご説明します。

ユキ

結論から先に言うと、何とも言えない・・・。

肌ラボ白潤薬用美白化粧水ノーマルタイプ or しっとりタイプの成分調査

当記事で比較する、肌ラボ白潤薬用美白化粧水ノーマルタイプとしっとりタイプの成分を調べてみました。

肌ラボ白潤薬用美白化粧水ノーマルタイプの成分

有効成分・・・アルブチン
ヒアルロン酸Na-2、加水分解ヒアルロン酸(ナノ化ヒアルロン酸)、ビタミンCリン酸Mg、ビタミンE、ヨクイニンエキス(ハトムギエキス)、BG、濃グリセリン、ソルビット液、POPメチルグルコシド、コハク酸2Naコハク酸、VP・スチレン共重合体エマルション、ラウリン酸POE(20)ソルビタン、パラベン
※太字:ノーマルタイプのみ含有

肌ラボ白潤薬用美白化粧水しっとりタイプの成分

有効成分・・・アルブチン
ヒアルロン酸Na-2、加水分解ヒアルロン酸(ナノ化ヒアルロン酸)、ビタミンCリン酸Mg、ビタミンE、ヨクイニンエキス(ハトムギエキス)、DPG、濃グリセリン、ソルビット液、POPメチルグルコシド、ジグリセリンキサンタンガムカルボキシビニルポリマーTEA、ラウリン酸POE(20)ソルビタン、BG、VP・スチレン共重合体エマルション、パラベン
※太字:しっとりタイプのみ含有

もくじに戻る

肌ラボ白潤薬用美白化粧水ノーマルタイプ or しっとりタイプの成分比較

全成分を見比べてみると、ノーマルタイプとしっとりタイプの違いは、必ずしも保湿剤の数だけではないことに気付きます。
各成分にはどのような効果があるのか、表にしてみました。

成分名(ノーマルタイプのみ含有) 効果
コハク酸2Na pH調整
コハク酸 pH調整
成分名(しっとりタイプのみ含有) 効果
DPG 保湿
ジグリセリン 保湿
キサンタンガム 増粘
カルボキシビニルポリマー 増粘
TEA 増粘

ポイント1:保湿剤の数

ヒアルロン酸Na-2と加水分解ヒアルロン酸(ナノ化ヒアルロン酸)は、ノーマルタイプとしっとりタイプの両方に含まれています。
それに加えて、しっとりタイプにのみDPGジグリセリンの2種類の保湿剤が含まれています。
これだけを考慮すると、しっとりタイプを選ぶべきだといえます。

ポイント2:安全とは言えないTEA

しっとりタイプにのみ、3種類の増粘剤が含まれています。
キサンタンガム、カルボキシビニルポリマー、TEA(トリエタノールアミン)です。
増粘剤は、とろみを増やし使用感を向上させるためにしばしば使用されます。
キサンタンガムとカルボキシビニルポリマーは安全だと言われていますが、TEAは皮膚刺激起こる可能性があるとされており、必ずしも安全だとは言えません。

もくじに戻る

アラサー女子がどちらを選ぶかは、断言できない・・・

上記2つのポイントから、ノーマルタイプとしっとりタイプのうち、アラサー女子が使うべきなのはどちらかということは断言できません。

ユキ

しっとりタイプは保湿効果が高いのは良いけど、必ずしも安全とは言えない化学成分が増えるのはちょっと・・・!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA