粉雪の日に

雪国生まれのユキがつづる、美容・コスメ・ダイエットなどの記録

【レビュー】U-NEXTでビル・カニンガム&ニューヨークを見てみた

f:id:yurara77:20181211200948j:plain

こんにちは、ユキです。

 

U-NEXTでビル・カニンガム&ニューヨークを観賞したのでレポートします!

 

U-NEXT

 

 

U-NEXTならドキュメンタリー映画が充実!

20代前半から半ばくらいにかけて、海外のドキュメンタリー映画をよく見ていました。

とはいっても、TOHOシネマズなどの大手シネコンで上映されるはずもなく。

恵比寿ガーデンシネマやシネスイッチ銀座、ユーロスペースなどによく行っていました。

 

ユキ>もっとこういう映画見たいなぁ。

 

10年ほどの前の私は、こうした映画を見ながら、海外の文化や社会問題を学んでいました。

しかし、ミニシアターで上映される映画は上映期間が短いこと、広告にあまりお金をかけていないために知らないままに興味のある作品の上映期間が終わっていることがしょっちゅうあります。

また、私自身、就職して仕事のせいで時間的・精神的な余裕を失ってしまい、いつしかミニシアターから足が遠のいてしまいました。

 

ユキ>ミニシアターが嫌いになったわけじゃないよ!

 

先日、iPad Proを手に入れ、U-NEXTの31日間無料体験に登録した私。

 

↓その際の記事はこちら!

www.snow0-0wnos.com

 

U-NEXTには、海外のドキュメンタリー映画が充実していることに気が付きました。

 

ユキ>欧米だけではなく、アジアの作品もたくさんある!

   ミニシアターに行かなくても、自宅で見れる日が来るなんて夢みたい!

 

あれこれと悩んだ末、私は「ビル・カニンガム&ニューヨーク」を観賞することにしました。

 

ビル・カニンガムとは?

ビル・カニンガム(Bill Cunningham;1929-2016)とは、アメリカ・ニューヨークで活躍していた写真家です。

ニューヨーク・タイムズ紙のファッションコラム「ON THE STREET」と社交コラム「EVENING HOURS」を長年担当しており、ニューヨークの街角でファッショントレンドを撮影していました。

 

8年もの交渉期間と2年もの撮影・編集期間を経て完成された、「カニンガム・ニューヨーク&ニューヨーク」。

本作品では、交友のあった著名人のインタビューを交えながら、謎に包まれた彼のプライベートと仕事ぶりを探ります。

 

ビル・カニンガム&ニューヨークを見てみて

ニューヨークは私のあこがれの街です。

いつか行ってみたいと夢を見ています。

それは、多様性にあこがれているからです。

 

いま、私は大都市・東京に住んでいます。

都心に近い場所に住み、都心に通勤し、都心で遊ぶ生活をしています。

街を歩けば外国人がおり、東京も多様性を持っているといえます。

しかし、そうはいっても東京の住人のほとんどは日本人です。

都会人として自由に生きる私でも、以前は常に、そして最近はたまに、同調性におしつぶされそうになってきます。

 

そんなの常識でしょ?

なんでそんなことも分からないの?

 

このような心ない言葉に何度押しつぶされそうになったことか。

本作品「ビル・カニンガム&ニューヨーク」を観賞してみて、世界一多様性がある都市・ニューヨークで長年情熱をもって生きた一人の人間の軌跡を知ることができました。

カメラのレンズを通してみるニューヨークからは、キラキラした部分と、ドロドロした部分が見えます。

ニューヨークは桃源郷ではありませんが、それでも、私には魅力的に映りました。

東京の、日本の同調性に心が染まり切ってしまう前に、ニューヨークに行かなければいけないと思いました。

 

ドキュメンタリー映画を見るならU-NEXT!

U-NEXT

U-NEXTでは、ドキュメンタリー映画の他、ドラマ、アニメ、アイドルのPVなどを約12万本見ることができます。

そのほか、70誌以上の雑誌が読み放題です。

 

ミニシアターで映画を1本見ると、1,800円。

U-NEXTなら、約12万本の作品が1,990円/月で見放題です!

 

まずは31日間の無料体験で、U-NEXTの魅力を知ってみませんか?

 

U-NEXT